ホーム > 日記 > 家出というより姿を消したかった

家出というより姿を消したかった

私は今まで基本的に幸せな人生を送ってきたと思います。 家族の仲は良いしそこそこ広い家に住めていて友人もいるし自由もあります。 なのに私は、ちょっとした病気になってしまいました。 心の風邪なんて言われている病気ですが、これがなかなかきつくて苦しくて。 全ての悪いことが自分のせいに思えたりして、私を大事にしてくれる家族の一言一言に過敏に反応してしまったり、何かあったら全部自分のせい、私が○○だから~なんてずっと考えてしまったり。 そんなことが続いて、優しく接してくれているはずの家族と過ごすのさえ苦痛になってしまい、そんな時に家出したい、なんて思ってしまいました。結局しませんでしたが。 後から冷静に考えれば病気していた人がいきなり行方をくらましたりしたらとてつもなく心配と迷惑をかけたでしょう。しなくて本当に良かった。 でも時々何もかも嫌になった時にふと考えてしまうんです。 私がいなくなれば、物事は好転するのかな、なんて。 だけど、きっとそんなことは無いんでしょうから、私は今も家族といます。 「もうこんな家嫌だ!」とかいう理由で家出したくなったりしていない私は幸せなんだと思います。 趣旨に反していたら申し訳ありませんが、これが私の「家出したいと思った時」です。 行方不明 大阪

関連記事

家出というより姿を消したかった
私は今まで基本的に幸せな人生を送ってきたと思います。 家族の仲は良いしそこそこ広...
居心地が悪いからいたくない
居心地が悪くなるきっかけは いつもほんの些細なこと。 それで、少しでも居心地悪い...
夫婦の思いが詰まった家
私は、ちょうど3年前に注文住宅をお願いしました。まずは、土地探しからはじめて、土...
フラッシュモブ
いとこから結婚式ありがとうってLINEきてて長文で返そうとしてたらミスタッチして...
テスト
テスト記事です。...